プロフィール

佐々部 清(ささべ きよし)

1958年、山口県下関市生まれ。
明治大学文学部演劇科、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)を卒業後、
フリーの助監督を経て、2002年『陽はまた昇る』で監督デビュー。
以後『チルソクの夏』、『半落ち』(日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞)、
『四日間の奇蹟』、『カーテンコール』『出口のない海』『夕凪の街 桜の国』『結婚しようよ』
『三本木農業高校、馬術部』『日輪の遺産』『ツレがうつになりまして。』『東京難民』
『六月燈の三姉妹』『ゾウを撫でる』『群青色の、とおり道』『種まく旅人~夢のつぎ木』『ゾウを撫でる』
『八重子のハミング』『この道』『大綱引の恋』など監督作は19本に及ぶ。
ほかに『心の砕ける音』(WOWOW)、『告知せず』(テレビ朝日50周年ドラマ)、『看取りの医者』(TBS)
『波の塔』(テレビ朝日)、『痕跡や』(テレビ東京)、『本日は、お日柄もよく』(WOWOW)
『ミッドナイト・ジャーナル』(テレビ東京)、『約束のステージ』(読売テレビ60周年ドラマ)
などの数々のテレビドラマや、舞台『黒部の太陽』の演出なども手掛けている。

プロフィール写真1
説明ふきだし
プロフィール写真2
説明ふきだし
プロフィール写真3
説明ふきだし
プロフィール写真4
説明ふきだし

応援掲示板 ほろ酔い日記
お問い合わせ