今年をふり返って...。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

あと二日で今年も終わります。今年はこの日記を12回しか更新していませんでした。月に1回というペースです。ついFBやTwitterが便利なので...そちらばかりに更新が向かっていました。でも基本はこの公式HP。オープニング・ページも更新出来たので、来年はこちらをもっと活用しようと思います。
さて、1年をふり返って...。
今年のスタートは「この道」の公開と「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌〜」が一緒でした(汗)。1月11日に「この道」が公開、舞台挨拶は翌12日(土)に日比谷でありました。そして、「約束のステージ」のクランクインは11日です!1月8日に61才になったばかりのボクは賑々しくスタートを切ったわけです(笑)
この道.jpg
「この道」
舞台挨拶の楽屋裏。前列左から小島藤子さん、松本若菜さん、柳沢慎吾クン、貫地谷しほりさん。後列左から羽田美智子さん、大森南朋クン、ボク、AKIRAクン、松重豊クン。楽しい舞台挨拶でした。
約束2.jpg
「約束のステージ」こちらはアッと驚くゲスト達。
左から、城みちるさん、八代亜紀さん、主演の2人、五木ひろしさん、天童よしみさん。他に山本譲二さんも。現場では大御所たちを前にドキドキの連続でした。
2月4日にクランクアップして、2月22日には放映という超タイトな仕上げスケジュールでした。それでも作品は好評でATP賞ドラマ部門 奨励賞を頂戴したり、まさかのBlu-ray発売、またレンタルもされ、愛される作品になりました。来年は小さな映画祭での上映も決まりました。
約束3.jpg
春はワークショップを中心過ごしました。フレッシュハーツ、麗プロモーションからの依頼でした。2ヶ月間で100人以上の俳優達とご一緒しました。

そんな頃に、降旗康男監督の訃報、追いかけるように坂上順プロデューサーの訃報。坂上さんはボクを監督にしてくださった恩人です。「陽はまた昇る」での、ホン作りから撮影〜仕上げ作業までをずっと導いてくださいました。また、「半落ち」「四日間の奇蹟」も撮らせてくださいました。いくつか企画を一緒に進めていて、実現出来なかったのが心のこりです。
坂上9.jpg
夏。
母校・豊浦高校のプロモーションDVD「負けんけぇ」作成。高校時代からの友人で「八重子のハミング」のプロデューサーもやってくれた西村祐一クンと二人三脚での作品作りは濃縮で楽しい時間でした。母校の後輩である、作曲家の和田薫クン(映画「この道」の音楽担当)、声楽家の藤田卓也クンとご一緒したのも楽しい想い出になりました。森先輩、校長はじめ先生方、御世話になりました。母校.jpg
「負けんけぇ」の打ち上げ。
最後列センターが西村プロデューサー。最前列右が藤田卓也クン、その隣が和田薫クン。
豊浦2.jpg
「負けんけぇ」の題字は「八重子のハミング」のタイトルでもお世話になった書道家の村上真実さんにお願いしました。

そして、いよいよ9月からは「大綱引の恋」が始まりました。
9月22日、一年に一回きりの〝川内大綱引〟...3000人以上の人が参加する盛大な祭りです。この映画は、その大綱引がクライマックスの作品。当日が大雨になったり、万が一にも台風で中止なんてことになると映画そのものが成立しません。そんな危惧があったので昨年の9月22日に撮影の早坂ちゃんとBカメラの小波クンとだけで実景撮影を済ませていました。果たして、今年の大綱引は台風が直撃...何とか開催されたものの、雨と風の中の綱引きでした。一応、今年も撮影しましたが、昨年の撮影分が大いに力を発揮してくれました。つくづく〝映画は準備が大切〟を実感しました。
AS20191004003199_comm.jpg綱2.jpg
「大綱引の恋」は95%くらい完成しています。残る作業はラストのエンディングロール。来年の春に最終的に完成して、秋には鹿児島から順次全国公開される予定です。鹿児島・薩摩川内での3週間に渡る合宿のようなロケはキャスト&スタッフがとても親密に仲良くなりました。主演は三浦貴大クンと知英(ジヨン)さん。けれども登場人物が多く、この主演二人にそれぞれが微妙に絡むので難しい撮影でした。1時間50分にうまくまとまったと、我ながら作品を観ながら納得。あとは薩摩川内の方々にとって素敵な作品になっていることを祈るばかりです。

昨日、自宅の大掃除をしました。
今朝から身体中が痛い(笑)。ボクの担当は窓掃除、各部屋のエアコン・冷蔵庫の上・換気扇などの高い場所、そしてお風呂のカビ取りです。今のマンションに住んで12年。49才の頃はガンガン掃除が出来たのですが、還暦を越えるとチンタラとしか進まず、さらに身体が悲鳴...哀しいです。そんな中で、今年も50冊くらいの本(ほとんどが小説)を処分しました。これが、いつも一番の辛い作業だったのですが、来年からはこの作業がなくなりそうです。秋に購入したAmazonのKindleリーダー。紙の本を購入しなくてもよくなったからです。
このKindleリーダーと、Alexa、そしてFire TV Stickが、ボクの三種の神器になりました。Amazon依存症かも知れません(笑)本と音楽と映画...。アッという間に一日が過ぎていきます。
Kindle.jpgアレク.jpgスティッ.jpg来年は年明けからワークショップがあります。小さな映画祭や講座、講演もお受けしています。5ヶ月ぶりに薩摩川内にも参ります。新しい映画の企画も進めていますが、こればかりは中々順調に進みません。どれか1つでも、進んで行けばと頑張ります。大掃除をしながら、書棚には印刷まで進んで実現していない脚本が5冊。こうならないように...。来年もよろしくお願い致します。