ひと息...映画「この道」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。
ホントに早いなぁと感じます。特に今年は京都での撮影からだったせいか尚更に...。

新作映画「この道」。
昨日、オールラッシュの試写が終わりました。やっと編集がほぼ終わったということです。このくらいの長さになるといいなぁって、脚本を作る時に考えていた尺(長さ)とほぼ一致して嬉しい。
これから多少のアフレコなどをやりながら、映像の調整やCG、セリフや効果音の整音、さらに作曲家に依頼した音楽が完成するのを待ちます。今回の音楽は、ずっと前からご一緒したかったけど、タイミングが中々うまく合わなかった作曲家です。どんなスコアが上がってくるのか今からすっごく楽しみです。完成はまだまだ先...ご期待ください。
DSC_018005_fixw_730_hq.jpgこの仕上げ作業の合間に2つの上映会に行ってきました。もちろん「八重子のハミング」。

3月14日(水)は静岡県清水市:チャリティ上映会&シネマトーク。
10日以上前に整理券が定員に達したそうで、満席の上映でした。上映前にシネマトークがあったのですが、升毅さんが急きょ来ることになり、大いに盛り上がりました。今回で7回目だったのですが、僕は初めて参加したのは3回目の「カーテンコール」、その後4回の開催で3回も呼んでいただきました。「六月燈の三姉妹」「日輪の遺産」、そして「八重子のハミング」です。上映後は升さんと一緒に東北震災へのチャリティ(募金箱を持って)で、観客の皆様をお送りしました。いつもように、その後は懇親会からカラオケ大会に突入でした。翌日は東京に戻って編集作業があったのですが、結局朝4時過ぎまで大騒ぎしました(笑)。
simizu.jpg3月17日(土)は鳥取県米子市:上映会&トーク。
この上映会は、昨年の雑誌〝クロワッサン〟主催の上映会とシンポジウムでお会いした鳥取大学の浦上先生が繋いでくださった上映会でした。さらに、以前お伺いした〝米子シネマサークル〟さんが共催のような形でした。実は〝米子シネマサークル〟さんからは「八重子のハミング」へ協賛金も頂戴しており、鳥取で上映館がないことがずっと心残りでした。今回がめでたく鳥取県の初上映となりました。そして、この上映にも升毅さんが自費で参加してくださいました。往復10時間超を掛けて米子まで来てくださり、わずか滞在3時間で東京に戻られました。満席に補助イスまで出しての上映だったのですが、上映後に半分くらいの方は帰っていきました。もう少し居てくださったら、主演の升さんのトークも聞けたのに...。残ってくださった方には素敵なサプライズになったと思います。
帰り道、岡山で途中下車。京都まで差し入れに来てくださった赤磐市の友人達と待ち合わせて、つかの間のランチをしました。

3月21日(祝)は、明治大演劇科時代の同期たち10人とクラス会。
いつもは食事(お酒)しながらの懐かしい話で盛り上がるのですが、今回は自分が幹事だったので変わった趣向を演出したくて、新橋のフォーク酒場〝落陽〟を貸し切って<呑んで歌う会>を開催しました。演劇科だったので芸達者が揃っており、さらに〝落陽〟のスタッフさんも演奏を手伝ってくださり、アッという間の4時間でした。歌い足りないメンバーはさらにカラオケBOXへ。同世代の升毅さんが参加してくださり、大いに盛り上がりました!升さん、ギターが上手い!あ、同期の田村三郎さんももちろん参加でした。
rakuyou.jpgさてさて、来週3月30日(金)夜9時〜。いよいよ「ミッドナイト・ジャーナル」の放映日です。
テレビ東京にチャンネルを合わせてください。番組表を見ると改編期のスペシャル番組ばかり...。やはり視聴率も気になります。こればっかりは分かりませんが。。。
よろしくお願い致します。
ミッド.jpg