3月は去る...

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

忙しさにかまけて更新が滞ってる。
もう3月半ば、...本当に早い。
この1ヶ月、日本映画監督協会新人賞の選考委員をやっていて、新人監督たちの作品をたくさん観た。5年前にも1度やって、その時は「エンディング・ノート」という作品が選ばれた。今回も5人の選考委員で議論を重ねて1本を選んだ。来月には発表になります。乞うご期待!

『八重子のハミング』の公開に向けてのプロモーション活動はずっと続いている。少々寂しいなってくらいの観客数で始まったマスコミ向け試写会も回を追うごとに人数が増えていき、前回の4回目は満席に近いくらいの方々が来てくださった。あと5回、出来るだけ多くのメディアの方に観てもらいたい。ご覧いただいた方々の反応は概ね好評で、多くのメディアが紹介を申し出てくれている。今月から来月に掛けてはラジオや紙媒体の取材がたくさん入ってきている。宣伝の出広費がまったくない作品なのでテレビ露出はあまり期待は出来ないけれど、山口県を中心にホントにたくさんの支援を受けて完成した作品。ご恩返しのためにも出来ることはすべてやって5月6日の公開初日を迎えたい。大阪、名古屋、岡山などには応援の名乗りを上げてくださっている方が続々と...本当に感謝の毎日です。

現在、公式HPに発表されている劇場数は13館(+山口県6館)。全国各地から協賛してもらっている、まだまだ営業・交渉を重ねて劇場数も増やしたい。目標は50館。すでに内諾を頂戴している劇場もあり、何とか達成したいと思う。

映画、テレビドラマの企画がいくつか進んでいて、そちらの打合せも...。キッチリと決定しないジレンマはあるけれど、こればかりは一人では進められない。1つでも2つでも実現すると嬉しい。取りあえず、4月はワークショップもたくさん。こちらは俳優たちから新たな刺激を貰える楽しさがあって、準備は大変だけどよい時間を満喫したいと思う。

一昨日、娘よりも若いアーチストたちのライブにちょっとしたご縁で招待され、行ってきた。
家入レオさん、大原櫻子さん、藤原さくらさんのジョイントライブ。周りの観客たちも10代〜20代の男女が中心。パシフィコ横浜は初めてだったが、20才ちょっとの少女たち三人が4000席を埋めてのライブは迫力があり、年甲斐もなく感動した。素敵な時間を頂戴した。
http://www.musicman-net.com/artist/66155.html
f58c60ecc65264.jpg今日は下関での講演。
『八重子のハミング』でご縁を頂戴した<日本セレモニー>さんで、社員の方々にお話しします。直接、映画に関しての講演ではないので難しいけど、何かしら心に残るお話をしたいと思う。終了後はお昼の新幹線でトンボ帰りで5回目のマスコミ試写にも挨拶に...。取材や収録の日々は続きますが、とにかく〝命がけ〟と誓った作品、公開まで全力で!...年明けからの願掛けの断酒も2ヶ月半、未だに続けています!