謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年は今週末(6日)から新作映画がクランクイン。お正月も依頼された原稿や新作の勉強などがあって落ち着きません。一昨年のお正月も『ツレうつ』のクランクインが控えていて忙しくしていたのを思い出します。今回の新作も『ツレうつ』のように上手く運ぶと嬉しいです。

新しいホームページが新年に間に合えばと思いましたが、ただいま準備中。2月くらいにはスタートできるのではないかと思います。もうしばらくはこのブログが発信の場所です。
僕はいろんな方のブログを見るのが楽しみです。もちろん映画の感想や批評を読むのが一番の目的です。あまりに素敵な感想や批評にはコメント欄を通じて御礼を伝えさせていただきます。そんな中から、いくつかのブロガーの方とは交流も続いています。
最近ちょっと淋しいのは、ツィッターやフェイスブックが流行っているせいなのか、楽しみにしているブログが更新されないことが多くなっているように感じます。ツィッターやフェイスブックは即時に反応が戻ってきて楽しいのかも知れませんが、それはまるでTV番組のように流れていくもののようにも思います。わずかの字数で伝えられることは限られ、誤解を生むこともままあるようです。長い文章で綴られるブログは例えると映画のような...書き手も編集を繰り返して、時に読み手を感動させてくれることもしばしば...涙を流すことさえあります。写真ばかりで読み応えのないブログもありますが、はやり美しい文章で綴られた読み物が僕は大好きです。

久しぶりの<シネマなび>です。

※2006年4月のスタートから2012年5月まで、丸6年間続いた「シネマなび」が2012年8月に閉鎖になりました。当時書いた原稿のままに、加筆訂正しないで再録しています。

Vol.7 2006年11月3日

『キャリー』
『ブラック・ダリア』が公開中のブライアン・デ・パルマ監督の初期の作品です。
ホラー映画やスプラッター映画はあまり好きではありませんが、この『キャリー』は大好きな作品です。僕は映画学校の学生時代に一番好きな監督がブライアン・デ・パルマ監督でした。『殺しのドレス』や『アンタッチャブル』などはとてもスタイリッシュで、映像もサスペンスというよりは美しいと感じるほどでした。映画学校の卒業制作『スパークリング』は『キャリー』へのオマージュ作品で、学校の教室を血ノリだらけにした思い出があります。
この作品もホラー映画のジャンルですが、主人公・キャリーとその母親のあまりの切なさに映画館で涙を零してしまいました。ラストは思わず声を上げてしまいます。どうぞ一人で観てください。
ジョン・トラボルタ、ナンシー・アレン、ウィリアム・カットなど当時まだ無名だった俳優達を観るのも楽しみです。 ブライアン・デ・パルマ監督には他にも『愛のメモリー』というあまりヒットしなかった名作もあります。

キャリー

『旅の重さ』
まもなく映画『結婚しようよ』がクランクインします。この映画は全編に吉田拓郎さんの曲が流れる、吉田拓郎へのオマージュがテーマの作品です。ずっと学生の頃からこんな映画を撮りたいと思っていました。実は70年代に全編に吉田拓郎しか流れない映画があったのです。今回の『旅の重さ』がその作品です。オープニングは<今日までそして明日から>。映画音楽として流れるのは、拓郎さんの<恋の歌>という曲です。
高橋洋子さん演じる女子高生が家出をして、四国を旅するロードムービーですが、少しずつ周りの大人たちとのふれ合いのなかで、彼女自身が成長していくという青春映画です。高橋洋子さんも素晴らしいのですが、共演の大人たちも良いのです。
三国連太郎さんは今の佐藤浩市さんとそっくりなのは、思わずニヤリとしてしまいます。またほんの少しのシーンですが、秋吉久美子さんがこの作品でデビューしていて、本当に可憐です。
昨年やっとDVDになりました。是非ご覧ください。

旅の重さ