シネマなび...Vol.5

※2006年4月のスタートから2012年5月まで、丸6年間続いた「シネマなび」が2012年8月に閉鎖になりました。当時書いた原稿のままに、加筆訂正しないで再録しています。

Vol.5 2006年8月25日

『ジョニーは戦場に行った』
いよいよ『出口のない海』の公開が近づいてきました。そこで今回は戦争をテーマにした作品を選びました。 詳しい内容をここで書くのは避けようと思います。とにかく観て欲しい作品です。戦争とは、何と愚かであるということを静かに語ってくれます。監督のドルトン・トランボはこの作品がデビュー作です。とは言え、残した監督作品は後にも先にもこの作品だけです。しかも65歳でのデビュー作でした。元々は脚本家でしたが、レッド・バージによりハリウッドでは仕事が出来なくなりました。それでもいろいろな仮名で脚本を書き、『黒い牡牛』でアカデミー原案賞も受賞しています。その時も名乗り出なかったというのが逸話として残っています。『ジョニーは戦場に行った』は原作も自分で書いており、渾身の作品だったようです。
助監督を長くやっていた頃、ドルトン・トランボは自分にとって大いに励みになりました。とにかく自分の撮りたい作品を撮るためならデビューが60歳でも構わないと思っていました。
【追記】確か、『ローマの休日』も彼の脚本だったと思います。

3_2.jpg

『火垂るの墓』
野坂昭如さん原作のアニメ映画です。監督は高畑勳さん。
子供の声を大人が流暢に喋ったりするので、アニメはどちらかといえば苦手なのですが、涙を流して観た作品です。幼い兄妹の姿を通して、この作品も戦争の愚かさを強烈に伝えてくれます。
フランス映画『禁じられた遊び』がダブってきたりもしましたが、本当に辛い作品でした。子供たちに是非見せたい映画だと思います。
自分の撮影現場でもよく目にする<サクマ式ドロップ>、のど飴の代わりです。あの缶を見るといつも『火垂るの墓』を思い出して辛くなってしまいます。

02_20120427180810.jpg

明日から2泊3日で入院です。 入院というと憂鬱ですが、今回はとにかく手術をすれば今の痛みから解放される...その嬉しさでいっぱいです。いよいよ次回作も本格的に動き出しそうな感じなので、今のうちに体調を完璧にしておこうと思います。