シネマなび...Vol.4

※2006年4月のスタートから2012年5月まで、丸6年間続いた「シネマなび」が2012年8月に閉鎖になりました。当時書いた原稿のままに、加筆訂正しないで再録しています。

Vol.4 2006年7月28日

『映画に愛をこめて アメリカの夜』
大好きな女優さんの一人にジャクリーン・ビセットがいます。そして、一番好きな外国映画の監督がフランソワ・トリュフォーです。その二人が組んだ作品がこの映画です。
ジャクリーン・ビセットという女優さんは作品に恵まれず、代表作と言える作品はこれといってないように思うのですが、とにかく凛として美しい女優さんです。
フランソワ・トリュフォーは名作揃いですが、今回はこの作品にしました。映画作りの現場が舞台になる映画なのですが、作品中に映画への愛情が溢れています。トリュフォー自身も映画監督の役で出演しています。ほとんど主演といって良いと思います。S・スピルバーグもトリュフォーを尊敬していて、『未知との遭遇』にも出演して貰っています。
因みに<アメリカの夜>とは、晴れた昼間にブルーのフィルターを付けて疑似の<夜のシーン>を撮る撮影方法です。古い西部劇などの夜のシーンはほとんどこの手法で撮影されています。西部劇はアメリカ映画です。だから<アメリカの夜>なのです。

amerika.jpg

『最も危険な遊戯』
松田優作主演のアクション映画。
僕が一番憧れた男優さんが、故・松田優作さんでした。
おそらく初めて優作さんが主演した映画だと思います。制作費も3000万円くらいで撮ったプログラム・ピクチャーです。本当に制作費が掛かってないのが画面からも判るのですが、優作さんを筆頭にキャスト・スタッフ達の<熱>がスクリーンの中にみなぎっています。
照明が足りないせいか、真っ暗な画面に優作さんの息づかいの音だけ......みたいなカットもあるのですが、一瞬暴発する拳銃の紅い火だけの照明でシルエットが浮かぶ......なんて、観客の想像をどんどん掻き立ててくれます。これこそ映画の醍醐味です。セリフもおそらくはアフレコなので、口の動きと合っていなかったりするのですが、優作さんの軽妙なアドリブで楽しませてくれます。因みに佐々部組常連の照明技師・渡辺三雄さんは、この映画が照明技師のデビュー作です。そして『出口のない海』が技師として70本目の記念作品です。
【加筆】
渡辺三雄さんは2010年の晩秋、亡くなりました。
僕の作品では『日輪の遺産』が最後になりました。

yuusaku.jpg ※ 自宅にて脚本執筆の毎日です。 鎖骨の骨折以来、ジムで泳げなくなってしまい体重が増量中です。この半年で4キロも太ってしまいました。少し食べる量を減らしてダイエットしないとまずい。お酒も控えよう...。 昨日のレントゲンで、やっと鎖骨を止めている金具を外す許可が出ました。今月末か来月の頭あたりに手術をして抜いてもらおうと思います。骨折の痛みよりも、金具が皮膚を圧迫する痛みがひどかったので助かりました。